Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > オガルカヤ

オガルカヤ (雄刈萱)
Cymbopogon tortilis var. goeringii
 雨がやんだばかりの海岸の崖は湿ってすべりやすく、慎重に登っていくと、アカマツの幼木の根方に生えているオガルカヤが目に入りました。イネ科は正直なところ、なかなか名前がわからないのことも多いのですが、オガルカヤの場合は、飛びだした枝に2つずつ小穂がつく、特徴的な花穂のおかげですぐにそれとわかりました。本来は高さ1mにもなり、びっしりと小さな花をつけるものの、ここで見たものはどれも、海岸のきびしい自然環境のせいか、その半分ほどしかありませんでした。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市


クローズアップ

■群落
2005.10.10 神奈川県横須賀市
        2006.10.8 神奈川県横須賀市
Before Plant   Next Plant