Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > クサスギカズラ

クサスギカズラ (草杉葛)
Asparagus cochinchinensis
 春に伊豆半島の先端まで足をのばすのは初めてでしたが、海岸の岩場に下りてみると、草地になったところでは、青々と葉を広げたイズアサツキとともに、クサスギカズラが思うがままに茎をのばしているのが目に入りました。近縁のキジカクシとちがって海岸近くに生え、直立せずまわりに寄りかかってつる状にのび、1〜2mになります。細長い葉が密生するようすとあわせてこの名前がついたものでしょう。雌雄異株の花はごく地味で長さ3〜4mm、葉のつけねに1〜3個ずつついてたくさんならびます。
■撮影地別
 ○静岡県下田市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.5.1 静岡県下田市