Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > クモイジガバチ

クモイジガバチ (雲居似我蜂)
Liparis truncata
 クモイジガバチはクモキリソウ属では小型の部類で、高さは10cmもなく、おまけに木に着生するとあっては、なかなか目にすることはかないません。分布こそ北海道〜九州と広いものの、どこでもまれな植物のようです。茶色い花は唇弁が大きく、富士山のように裾広がりになった独特のかたちをしており、名前のわりにはジガバチソウにさほど似ているわけでもありません。ここでは人かげもまれなミズナラ林の奥で、ゴツゴツした樹皮にはりついて花を咲かせていました。
■撮影地別
 ○栃木県


クローズアップ

■群落
2014.6.29 栃木県
           2014.6.29 栃木県
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「クモイジガバチ」