Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > クマガイソウ

クマガイソウ (熊谷草)
Cypripedeium japonicum
 亜高山帯に生えるものの多いアツモリソウの仲間にあって、クマガイソウは唯一、人里をすみかとする種類です。かつて武士が戦場で用いた武具に「母衣」(ほろ)があり、これは矢が当たっても身体にとどかないよう、布を大きな袋状にして背負ったものですが、アツモリソウの大きな丸い唇弁を母衣にたとえ、鎌倉時代の高名な武士・熊谷直実の名前を借りてついたものです。クマガイソウが生える里山は開発でまっさきに減少した上、鑑賞価値が高いことから乱獲にもさらされて各地で減少しています。
■撮影地別
 ○埼玉県大宮市


クローズアップ

群落
1992.5.2 埼玉県大宮市
           1992.5.2 埼玉県大宮市
Before Plant   Next Plant         1992.5.2 埼玉県大宮市
“特選”Photo Gallery「クマガイソウ」