Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > コオニユリ

コオニユリ (小鬼百合)
Lilium leichtlinii var. maximowiczii
 コオニユリは、日本に自生するユリの中では、ヤマユリとならんで私たちが目にすることの多いもののひとつです。近縁で古く大陸から導入されたとされるオニユリのようにたくさんの花をつけるわけでもなく、また、ヤマユリのような大きな花をつけるわけでもありませんが、真夏の高原ですずしげに風にゆれるコオニユリを見つけると、なぜか心がなごむのは気のせいでしょうか。山地の草原や湿原が主な生育場所ですが、山の中では道路わきなどでもわりあいによく見かけます。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬ヶ原
 ○高知県天狗高原

クローズアップ

■群落
1995.8.6 群馬県尾瀬ヶ原
           2005.8.7 高知県天狗高原
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「コオニユリ」