Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > コゴメヌカボシ

コゴメヌカボシ (小米糠星)
Luzula piperi
 お鉢平の北海沢ぞいは遅くまで雪が残るところで、このときは8月中旬というのに、草地ではキバナシオガマの花が咲き、川辺ではエゾノリュウキンカが冷たそうな水に花をゆらせていました。湿りけのある岩かげに目をむけると、コゴメヌカボシがそっと花をつけていました。広く東北アジアから北米にかけて分布しますが、国内では大雪山だけから知られています。高さは15〜40cmになり、イグサ科の例にもれず、花はめだたないものの、白い雄しべがワンポイントとなっています。
■撮影地別
 ○北海道大雪山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2009.8.17 北海道大雪山