Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカ (蝦夷の竜金花)
Caltha palustris
 エゾノリュウキンカはリュウキンカの母種にあたり、リュウキンカより全体に大きく、日本では東北北部と北海道に、さらに北東アジアに広く分布します。エゾノリュウキンカは雪どけ直後に咲くため、春遅い北海道といえども夏山シーズンには花は終わっていて、北海道の山に登りはじめたころは見る機会がありませんでした。夕張岳でようやく出会ったエゾノリュウキンカですが、登山道の沢すじでは図鑑で見るような大きな株はみあたらず、いつかエゾノリュウキンカの群生も見てみたいと思っています。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳
 ○北海道大雪山

クローズアップ

群落
2000.6.4 北海道夕張岳
        2006.7.8 北海道夕張岳   
Before Plant   Next Plant        2009.8.17 北海道大雪山