Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > キンギンソウ

キンギンソウ (金銀草)
Goodyera procera
 シュスラン属には南に分布の中心があるものが多く、その代表の1つがキンギンソウです。屋久島以南の島々に広く分布し、沖縄本島の北部では、渓流ぞいのほか、ちょっとした草地や林縁でもみることができます。この仲間では大型で高さ40〜80cmになり、長い花序をのばして数えきれないほどたくさんの花をつけます。花は3〜6月ですが、このときはまだ咲きはじめでほとんどがまだつぼみでした。花が終わりに近づくと黄色く変色するのはスイカズラなどと同じで、名前もこの特徴に由来します。
■撮影地別
 ○沖縄県東村


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2007.3.18 沖縄県東村