Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > キイジョウロウホトトギス

キイジョウロウホトトギス
(紀伊上臈杜鵑草)
Tricyrtis macranthopsis
 紀伊半島は、「ソハヤキ要素」とされるものをはじめ、特徴的な植物が数多く知られるエリアです。その代表というべきキイジョウロウホトトギスは、紀伊半島南部のわりあいに広い地域に分布し、川岸の岩壁などに生えます。ジョウロウホトトギス類は、ホトトギスのなかでも黄色い釣鐘のような花が特徴のグループですが、キイジョウロウホトトギスは大型で1m以上にもなり、茎の先端や葉のつけねにつく花の数がとりわけ多い種類です。花の内部をのぞくと、赤い斑点が密についているのがわかります。
■撮影地別
 ○和歌山県
 
 
クローズアップ


群落
2008.10.5 和歌山県
             2008.10.5 和歌山県
Before Plant   Next Plant 2008.10.5 和歌山県
表紙によせて「キイジョウロウホトトギス」
“特選”Photo Gallery「キイジョウロウホトトギス」