Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > キイイトラッキョウ

キイイトラッキョウ (紀伊糸辣韮)
Allium virgunculae var. kiiense
 キイイトラッキョウはイトラッキョウの変種で、和歌山県のほか、東海地方や山口県からも知られています。前年訪ねた紀伊半島は花にはまだ早く、あらためて愛知県まで出かけることとしました。生えていそうな川ぞいを歩くうちに、岩場にはりついて咲くキイイトラッキョウが目に飛びこんできました。花は閉じぎみでやや下向きにつくかわりに、雄しべが大きく飛びだし、色はより濃いのが特徴で、イトラッキョウとはかなり異なる印象です。むしろ、小型のヤマラッキョウとまちがえないよう注意が必要です。
■撮影地別
 ○愛知県


クローズアップ

■群落
2009.11.1 愛知県
             2009.11.1 愛知県
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「キイイトラッキョウ」