Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > キバナノツキヌキホトトギス

キバナノツキヌキホトトギス
(黄花の突抜杜鵑草)
Trycyrtis perfoliata
 この年の9月、宮崎まででかけたのはキバナノツキヌキホトトギスが目的の一つでした。「秋の野草」(山と渓谷社)でその存在を知り、調べてみると宮崎県のごく一部に特産するめずらしい植物で、名前のとおり茎が葉を突きぬけるようにつくという、かわった特徴があることがわかりました。湿った岩壁にたれ下がって生えるところはジョウロウホトトギスに似ていますが、花のかたちや色はタマガワホトトギスに似ているという、まるでいろいろなホトトギスを合体させたような植物です。
■撮影地別
 ○宮崎県尾鈴山


クローズアップ

■群落
1994.9.23 宮崎県尾鈴山
         1994.9.23 宮崎県尾鈴山
Before Plant   Next Plant