Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > アズマシライトソウ

アズマシライトソウ (東白糸草)
Chionographis japonica var. hisauchiana
 アズマシライトソウはシライトソウの変種で、埼玉県と東京都だけから知られています。撮影したのはスギが植林された山地の斜面で、苔むした林床でポツポツと花を咲かせていましたが、初めて見るアズマシライトソウは正直なところ、「シライトソウよりも貧弱だなあ」という第一印象でした。花序につく1つ1つの花の花被片は、6つのうち上側の4つが長いのですが、それでも2〜3.5mmくらいで、母種のそれの1/3以下です。高さ10〜30cmと小型で、葉柄が長く、葉身と同じかそれ以上あるのも特徴です。
■撮影地別
 ○埼玉県


クローズアップ

■群落
2012.5,19 埼玉県
              2012.5,19 埼玉県
Before Plant   Next Plant