Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > キバナノショウキラン

キバナノショウキラン (黄花の鍾馗蘭)
Yoania amagiensis
 ショウキランがどちらかといえば日本海側に多いのに対し、キバナノショウキランは太平洋側から知られています。花が咲くのは梅雨真っ盛りの6月ごろ、山地の樹林下で花茎をキノコのようにのばして、クリーム色の花を数輪つけます。ショウキランにくらべると、花はやや閉じぎみに咲く場合が多いようです。年によって発生数に消長がある点も、キノコとよく似ています。共生菌の生長ぐあいに影響されるのでしょうか。写真の個体は撮影には数日遅かったらしく、残念なことに花は傷みはじめていました。
■撮影地別
 ○東京都八王子市


クローズアップ

■群落
2009.6.21 東京都八王子市
        2009.6.21 東京都八王子市
Before Plant   Next Plant