Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > カルイザワテンナンショウ

カルイザワテンナンショウ
(軽井沢天南星)
Arisaema serratum
 カルイザワテンナンショウを特徴づけるのは、なんといってもその仏炎苞の先端が紫色に色づいて長く横にのび、まるで鳥のくちばしのように見えるところです。いちど実物を見てみようと出向いた軽井沢でしたが、実物を目にしたとき、下調べでとあるブログにあった「花輪君みたい」というコメントを思い出し、おもわず納得しました。「花輪君」というのはもちろん、「ちびまる子ちゃん」に出てくるまる子ちゃんの同級生で、前髪をのばした裕福な家の男の子のことです。
■撮影地別
 ○長野県軽井沢町


クローズアップ

■群落
2014.6.15 長野県軽井沢町
         2014.6.15 長野県軽井沢町
Before Plant   Next Plant