Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > エゾゼンテイカ

エゾゼンテイカ (蝦夷禅庭花)
Hemerocallis esculenta var. middendorffi
 北海道や東北地方北部のニッコウキスゲは花柄がごく短く、花被片と呼ばれる花びらが厚いことで区別され、エゾゼンテイカと呼ばれています。一方で、両者の中間型も見られることから、このようなわずかな違いを区別しない考え方もあります。ニッコウキスゲは本州では高原の植物というイメージが強いのですが、礼文島のエゾゼンテイカは、海岸ぞいの道路からつづく崖や草地の急斜面から、桃岩のようなやや高いところまで、いたるところに普通に生えています。

■撮影地別

 ○北海道礼文島
 ○北海道稚内市

クローズアップ

群落
2004.6.18 北海道礼文島
Before Plant   Next Plant        2004.6.18 北海道礼文島
           2004.6.18 北海道稚内市