Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > シブツアサツキ

シブツアサツキ (至仏浅葱)
Allium maximowiczii var. sibutuense
 シブツアサツキは、至仏山では赤茶けた蛇紋岩の岩場に生え、鳩待峠から登ったときはオヤマ沢田代の手前にある開けた岩場あたりから、山の鼻から登ると針葉樹林帯をぬけたところから見られるようになります。白馬岳の葱平に多いシロウマアサツキの変種にあたりますが、全体に小型で花茎も少なく、ネギ坊主と呼ばれる花序の大きさもシロウマアサツキの2/3ほどと小さく、全体に貧弱な印象です。至仏山のほか、やはり蛇紋岩からなり、上越国境にある谷川岳にも分布します。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山
 ○群馬県谷川岳

クローズアップ

■群落
2011.7.24 群馬県至仏山
          2011.7.24 群馬県至仏山 2015.7.12 群馬県谷川岳
Before Plant   Next Plant