Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > エゾホソイ

エゾホソイ (蝦夷細藺)
Juncus filiformis
 大雪高原温泉登山口から30分も登ると、第1花畑と呼ばれる湿原が現れ、遠くに緑岳も望めるようになります。チングルマはすでに果実となって風になびき、雪融けの遅いところでは満開のエゾコザクラが迎えてくれました。さらに進むと、木道わきでエゾホソイが群生し、遅めの花をつけていました。エゾホソイは北極を取り巻くように北半球北部に分布し、国内では北海道と本州中部以北の日本海側から知られます。高さは50〜80cm、茎と同じくらい長い苞が花序のつけねから上にのびるのが特徴です。
■撮影地別
 ○北海道大雪山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2009.8.15 北海道大雪山