Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > シライトソウ

シライトソウ (白糸草)
Chinographis japonica
 比良山系の最高峰である武奈ヶ岳は、リフトとロープウェイで中腹まで登ることができ、また、琵琶湖を一望できることから、手軽なハイキングコースとして関西から多くの人が訪れるところです。この日、八雲ガ原湿原を経て山頂へ向かいましたが、目指すシライトソウはなかなか見つかりません。結局、リフト沿いの登山道近くで見つけることができました。シライトソウは細い花被片が糸状に見えることからその名がつきました。観察してみると、6本の花被片のうち4本が長く、2本は著しく短くなっています。
■撮影地別
 ○滋賀県武奈ヶ岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.5.25 滋賀県武奈ヶ岳