Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > アオフタバラン

アオフタバラン (青双葉蘭)
Listera makinoana
 主に低山に生えるのがヒメフタバラン、亜高山帯に生えるのはタカネフタバランコフタバランとすれば、そのあいだの環境で見ることが多いのがアオフタバランです。花は名前のとおり緑色で、タカネフタバランに似ますが、特徴的なのは白い斑が筋状に入った葉で、遠目には、芽生えたばかりの植物が青白い2枚の葉を広げているように見えます。大きなものは高さ20cmになり、この仲間では大型です。よく管理されたスギの林下では、赤茶けた枯葉のすきまから花序をのばしていました。
■撮影地別
 ○栃木県
 

クローズアップ

■群落
2016.8.11 栃木県
          2016.8.11 栃木県
Before Plant   Next Plant