Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ゼニバサイシン

ゼニバサイシン (銭葉細辛)
Asarum takaoi var. hisauchii
 ヒメカンアオイはこの仲間としては分布が広く、主に中部〜近畿地方から知られていますが、このうち東海地方には、ヒメカンアオイに加えてその変種であるゼニバサイシンも分布しています。写真でもわかるとおり葉が丸っこいのがポイントで、名前も葉のかたちから小銭を連想したものです。葉の先端はややくぼむものが多く、他のカンアオイ類にはあまりない特徴です。「細辛」というのはウスバサイシンのことですが、落葉性でないゼニバサイシンにまでこの名前がついているのは望ましく思えません。
■撮影地別
 ○愛知県名古屋市


クローズアップ

■群落
2010.3.14 愛知県名古屋市
     2010.3.14 愛知県名古屋市 2010.3.14 愛知県名古屋市
Before Plant   Next Plant