Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤノネグサ

ヤノネグサ (矢の根草)
Polygonum nipponense
 鳩待峠から山の鼻に向かう途中、川上川を渡る少し手前で小さな湿原が現れます。夏にはミズバショウが大きな葉を広げ、コバギボウシが紫色の花を風にゆらせます。足もとに目をやると、ヤノネグサが小さな花序をのばして群生しているのに気づきます。高さは50cmほど、この仲間のなかでもひょろっとして弱々しい印象です。ボールのようにかたまってつく花序は、ミゾソバよりさらに小さく、1つ1つの花の先端は赤く色づきます。名前は、つけねがはりだした葉を矢の根(矢じり)に見立てたものです。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2007.8.4 群馬県尾瀬