Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク (山芍薬)
Paeonia japonica
 ボタン科を代表するボタンは、庭園やお寺に植えられたりして一般にもよく知られていますが、中国原産で日本には自生しません。日本に分布するこの科の植物としては、ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤクの2種があり、いずれもボタンとちがって多年生の草本です。ヤマシャクヤクの特徴はなんといってもその大きな花で、春の深山の花でヤマシャクヤクより大きいのはシラネアオイくらいしか思い当たりません。こぶし大の花は開花から数日で散るので、見ごろの花に会えれば幸運といえそうです。
■撮影地別
 ○静岡県富士山


クローズアップ

■群落
2005.5.28 静岡県富士山
        2005.5.28 静岡県富士山   
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「ヤマシャクヤク」