Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤマアイ

ヤマアイ (山藍)
Mercurialis leiocarpa
 アイは中国原産のタデ科の工芸作物で、天然染料のインディゴを取りだして衣類を染めるのに利用されてきました。これに対してヤマアイはアイとはまったく無縁のトウダイグサ科、おまけに青ではなく緑色に染まるとのこと、よい名とは言えません。全国的に分布するものの、関東ではあまり見かけませんが、以前、三重県の藤原岳で見た記憶があり、西の地方に多いのだろうと思っていたところ、対馬では海沿いの集落で雑草のごとく群生していてびっくりしました。雌雄異株で、高さは30cmになります。
■撮影地別
 ○長崎県対馬


クローズアップ(雄花)

■群落
2006.4.1 長崎県対馬
        2006.4.1 長崎県対馬   
Before Plant   Next Plant