Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ウラジロキンバイ

ウラジロキンバイ (裏白金梅)
Potentilla nivea
 キジムシロ属の高山植物は、ミヤマキンバイをのぞけば希少な種類が多く、ウラジロキンバイもその一つです。北半球北部に広く分布しますが、日本では北海道と本州中部の高山に限られます。寒冷期に日本まで分布を広げ、その後、温暖化が進むにつれて夕張岳や北岳などにとりのこされたものでしょう。ミヤマキンバイに似ていますが、名前のとおり葉裏に白い毛が密生して白く見えることで区別できます。また花はミヤマキンバイよりも小さめで花茎が長く、ヒョロヒョロとのびることが多いようです。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.7.4 山梨県北岳