Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミヤマキンバイ

ミヤマキンバイ (深山金梅)
Potentilla matsumurae
 高山に生えるキジムシロ属の植物のうち、タテヤマキンバイウラジロキンバイなどは一部の高山に遺存的に分布しますが、ミヤマキンバイはこれらとは異なり、本州のほとんどの高山で見ることができる種類です。生育環境も砂礫地、雪田周辺、岩場などさまざまで、雪解けが早いところや日当たりがよい場所では7月早々には花が咲きますが、生育環境によっては8月までずれこむ場合もあります。7月初め、鳥海山では日当たりのよい砂礫地でミヤマキンバイが山吹色の花を咲かせていました。
■撮影地別
 ○山形県鳥海山
 ○長野県白馬岳

クローズアップ

■群落
1994.7.9 山形県鳥海山
        2008.7.5 長野県白馬岳   
Before Plant   Next Plant