Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > トウキ

トウキ (当帰)
Angelica acutiloba
 トウキは、漢方薬に利用されるセリ科の代表的な植物の一つで、根を乾燥させて婦人病の薬として用います。本場の中国で用いられる「当帰」は近縁の別種だそうですが、日本では古くからトウキがその代用とされており、今も特産作物として北海道や奈良県で生産されています。セリ科はどれも似ていますが、光沢のある濃緑色の葉がトウキの特徴です。伊吹山では中腹の草原に群生していましたが、ここはかつて薬草園にされていたらしいので、薬用に栽培されていたトウキの末裔かもしれません。
■撮影地別
 ○滋賀県伊吹山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.6.25 滋賀県伊吹山