Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > トサノチャルメルソウ

トサノチャルメルソウ (土佐の哨吶草)
Mitella yoshinagae
 土佐を旧国名とする高知県に分布の中心があるトサノチャルメルソウですが、徳島県にも分布すると知り、さっそく足を向けてみたところ、長い林道をぬうようにして分け入った山奥で、沢ぞいに咲くこの花に出会うことができました。4月下旬にもなってようやく満開になるのですから、このあたりはかなり冷えこむのでしょう。やはり四国に分布するシコクチャルメルソウとは、萼片が直立せずに大きく開くことや、魚の骨のように細く切れこむ花弁が7裂することではっきり区別できます。
■撮影地別
 ○徳島県吉野川市


クローズアップ

■群落
2014.4.28 徳島県吉野川市
      2014.4.28 徳島県吉野川市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「トサノチャルメルソウ」