Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > トキワイカリソウ

トキワイカリソウ (常葉碇草)
Epimedium sempervirens
 トキワイカリソウはイカリソウのように葉が枯れることなく、長い冬を雪の下で耐えぬき、春のおとずれとともに枯れ葉をおしのけて新しい葉をのばします。前の年の葉は地面にはりつき、色素が沈着して茶色がかっていますが、けっして枯れているわけではありません。おそらく新葉が展開するまでは、この前年からの葉が光合成の役割を担っているのでしょう。本州の日本海側に分布しますが、場所によって花色に違いがあります。石川県ではどれも白い花でしたが、福井県や滋賀県のものは紅紫色でした。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○新潟県長岡市
 ○滋賀県三国山

クローズアップ

■群落
2001.4.14 石川県金沢市
        2007.5.3 新潟県長岡市    1999.4.29 滋賀県三国山
Before Plant   Next Plant