Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミョウギトリカブト

ミョウギトリカブト (妙義鳥兜)
Aconitum suspensum
 上毛三山の一つ・妙義山は、ごつごつした岩がつづく奇妙な山容で広く知られており、実際、山を歩くとつぎつぎと岩場が現れます。この特殊な環境に適応した植物も多く知られ、「ミョウギ」の名を冠したものがいくつもあります。ミョウギトリカブトもその一つで、岩壁から細い茎をたれ下げ、先端に2〜3の花をまばらにつけます。妙義山特産のトリカブトですが、茎や花柄、雄しべは無毛のものと、わずかに毛が生えるものがあることなどから、最近では独立種でなく、種間雑種の可能性が高いとされています。
■撮影地別
 ○群馬県妙義山


クローズアップ

■群落
2005.9.18 群馬県妙義山
        2005.9.18 群馬県妙義山   
Before Plant   Next Plant