Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タイトゴメ

タイトゴメ (大唐米)
Sedum oryzifolium
 自然環境の厳しい海岸はマンネングサの仲間の主な生育環境の一つで、多肉質の葉は潮風から身を守るとともに、強烈な日照による植物体内からの水分の蒸散を防いでくれます。日本海側の海岸にはメノマンネングサ、太平洋側にはタイトゴメ、さらに九州南部以南にはハママンネングサがそれぞれ分布します。名前は多肉質の赤みがかった丸い葉を南京米(大唐米)にたとえたもので、花をよく観察してみると、萼片まで多肉質で、花弁と花弁の間から顔を出しているのがわかります。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市


クローズアップ

■群落
2003.6.28 神奈川県横須賀市
2003.6.28 神奈川県横須賀市
Before Plant   Next Plant