Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒメアギスミレ

ヒメアギスミレ (姫顎菫)
Viola verecunda var. subaequiloba
 ヒメアギスミレはアギスミレと同じくブーメラン型の葉を持ち、這ってひろがる特徴がありますが、葉を密につけ、そのつけねから根をのばす性質が強いことのほか、HP「撮れたてドットコム」によれば、日当たりのよくない河川の源流部の湿地に生えることが多いそうです。たしかに葦毛湿原では、明るい湿原の中よりも、周辺部の湿った流れの周りなどで見かけます。主に東海地方以西に分布するらしく、関東地方ではアギスミレはあってもヒメアギスミレを見た記憶はありません。
■撮影地別
 ○愛知県葦毛湿原


■クローズアップ

■群落
2009.5.15 愛知県葦毛湿原
            2009.5.15 愛知県葦毛湿原
Before Plant   Next Plant