Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ニョイスミレ

ニョイスミレ (如意菫)
Viola verecunda
 ニョイスミレは湿り気のあるところであれば、平地の水田の畦から、亜高山帯の湿原や湿った登山道沿いまで、さまざまなところに生える植物です。生育環境も幅広く個体数も多いため、遺伝的な変異も多く、いくつかの変種が知られています。例えば白馬岳や尾瀬ヶ原の亜高山帯では、変種のミヤマツボスミレがニョイスミレと同一環境で混生しています。また、ニョイスミレは、スミレの仲間の中では比較的花期が遅く、平地では5月中旬頃まで、亜高山帯では7月まで花をみることができます。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳
 ○神奈川県丹沢
 ○新潟県五泉市

クローズアップ

群落
2002.7.13 長野県白馬岳
 
            2004.5.11 神奈川県丹沢          2007.5.3 新潟県五泉市
Before Plant   Next Plant