Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > スカシタゴボウ

スカシタゴボウ (透かし田牛蒡)
Rorippa islandica
 アブラナ科は、キク科やナデシコ科とならんでいわゆる「雑草」の多いグループといえます。マメグンバイナズナなどの帰化種のほか、ナズナイヌガラシも多く見られ、これらも古く農耕とともに日本にもたらされたのでしょう。スカシタゴボウもそのような種類の1つで、イヌガラシによく似ていますが、果実が細長い鎌のようなかたちでなく、こん棒形なのがわかりやすい区別点です。名前はタゴボウ(チョウジタデ)に似ていることによるのでしょうが、「透かし」は何が透けていることを意味するのでしょうか。
■撮影地別
 ○埼玉県越谷市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2008.10.25 埼玉県越谷市