Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シラネセンキュウ

シラネセンキュウ
Angelica polymorpha
 秋は高尾山に咲く花がふたたび多くなる季節ですが、まだ木々が芽吹きはじめたばかりの春とちがって、葉を茂らせていて樹林下がうす暗いせいか、かなりふんいきが異なります。秋の低山の主役のひとつがセリ科ですが、高尾山で目にする機会が多いのがヤマゼリとシラネセンキュウです。センキュウは、漢方で「川きゅう(草かんむりの下に弓)」と呼ばれて月経不順に効くとされる中国原産の薬用植物ですが、シラネセンキュウはこれとは別属の植物で高さは1m前後、山野の林縁でよく見かけます。
■撮影地別
 ○東京都高尾山
 ○山梨県甲州市

クローズアップ

■群落
1994.10.2 東京都高尾山
        2011.9.11 山梨県甲州市   
Before Plant   Next Plant