Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アマニュウ

アマニュウ (甘にゅう)
Angelica eduls
 別当出合から砂防新道をたどって白山山頂をめざすと、樹林下をぬけたあたりから左手に崩壊著しい大きな谷が広がり、この登山道の由来ともなっている砂防ダムが連なっているのが目に入ります。7月下旬、朝の日ざしをあびながら砂防新道を登っていると、青空をバックに大きくのびたアマニュウが目に入りました。アマニュウの生育場所は山地の草原や林縁が中心ですが、亜高山帯まで上がるものもあるようです。食べると甘く、またアイヌ語で「にゅう」と呼ぶことからこの名前があります。
■撮影地別
 ○石川県白山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2001.7.22 石川県白山