Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シナノタイゲキ

シナノタイゲキ (信濃大戟)
Euphorbia sinanensis
 霧ヶ峰を散策していたときに気づいたこのトウダイグサ、タカトウダイにしては草丈の低いものばかりだったと思い、図鑑をあたったところ、どうも東北地方から愛知県あたりまでの山地に生えるシナノタイゲキらしいとわかりました。葉裏に白くてやわらかい毛が生えることのほか、タカトウダイに比べて草丈が10〜50cmと低く花期が1ヶ月ほど早いことや、種子の色が褐色であることなどが特徴とされます。タカトウダイの変種とする考えもありますが、独立種とする意見のほうが主流のようです。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.6.24 長野県霧ヶ峰