Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハギクソウ

ハギクソウ (葉菊草)
Euphorbia octoradiata
 ハギクソウは花よりもそのみごとな紅葉のほうが有名で、名前の由来にもなっているという、ちょっと変わった植物です。年末から年明けにかけて真っ赤に色づく葉は、写真でもわかるように、大輪の八重のキクの花を思わせるかたちをしています。この葉は春までに枯れ落ちてしまうらしく、花の写真を撮ろうと再訪したときには、「表紙によせて」で紹介したみごとな個体も、株元を残して消え去っていました。渥美半島の砂浜だけから知られており、国外では韓国の済州島に隔離分布しています。
■撮影地別
 ○愛知県田原市
 ○愛知県田原市(紅葉)

クローズアップ

■群落
2011.4.10 愛知県田原市
           2011.4.10 愛知県田原市
           2011.1.9 愛知県田原市 2011.1.9 愛知県田原市
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「ハギクソウ」