Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シキミ

シキミ (樒) Illicium anisatum
 シキミといえば、お寺に植えられている印象が強く、また、葉を線香の原料にすることもあって、仏事と縁の深い植物といえそうです。一方でその果実などに劇物のアニサチンを含む有毒植物の一面もあります。ところがシキミと同属で中国に分布するトウシキミの果実は、中国料理の香辛料の「八角」として利用されており、こちらは当然ながら無毒となっています。高さ2〜5mほどの常緑の低木で、早春に咲くクリーム色の花は直径2〜3cmほど、細長い花弁を12枚もつけます。 ■撮影地別
 ○愛知県岡崎市


■クローズアップ

■群落
      2011.4.10 愛知県岡崎市
 
2011.4.10 愛知県岡崎市   
Before Plant   Next Plant