Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オオバショウマ

オオバショウマ (大葉升麻)
Cimicifuga acerina
 オオバショウマはサラシナショウマにいくぶん似ていますが、花序は小さめでその数も少ないので、ずっと地味な印象です。名前のとおり、小葉はサラシナショウマよりもずっと大きく、むしろ生育環境が似ているイヌショウマとの識別が重要です。オオバショウマは、より山深いところにも生えますが、奥多摩や丹沢のような低山にもあるので、必ずしも生育環境では区別できません。イヌショウマよりも葉が細かく裂けることや、葉のふちに細かい毛が生えるのがオオバショウマの特徴です。
■撮影地別
 ○東京都笹尾根


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2000.9.30 東京都笹尾根