Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サンショウ

サンショウ (山椒)
Zanthoxylum piperitum
 「山椒は小粒でもぴりりと辛い」というのは、小さくてもきわだつものを持っているというたとえで、サンショウが古くから人々に利用されてきた香辛料であることがわかります。果実はもちろんのこと、葉もその香りから料理に用いられてきました。私の父の実家の庭にもサンショウが植えられ、必要なときにつみとって使っていたように記憶しています。サンショウはまた、カラタチとともにアゲハの食草として知られ、私は子供のころ、食べるのではなくアゲハの幼虫を飼うのに取った思い出があります。
■撮影地別
 ○静岡県富士山


クローズアップ(雄花)

■群落
2005.5.28 静岡県富士山
2005.5.28 静岡県富士山
Before Plant   Next Plant