Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サンインスミレサイシン

サンインスミレサイシン (山陰菫細辛)
Viola vaginata var. satomii
 中国地方の日本海側は、スミレの分布でみるとおもしろいエリアです。日本海側に分布する種類と、西日本に分布の中心がある種類が両方ともあるだけでなく、サンインスミレサイシンや山陰型タチツボスミレのように、このエリアで独自の分化をしたものもあります。サンインスミレサイシンはスミレサイシンの変種で、ナガバノスミレサイシンほどではないにせよ、スミレサイシンより葉が長いのが特徴です。写真は岡山県の西北部で撮影したものですが、いくぶん太平洋側まで進出しているようです。
■撮影地別
 ○岡山県朝鍋鷲ガ山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.4.30 岡山県朝鍋鷲ガ山