Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サンインネコノメ

サンインネコノメ (山陰猫の目)
Chrysosplenium fauriei f. ferruginiflorum
 サンインネコノメはホクリクネコノメの品種で、ホクリクネコノメの萼片が緑色なのに対し、サンインネコノメでは褐色です。報告されたのが1990年と新しく、ほとんどの図鑑で掲載されていませんが、兵庫県以西の本州の日本海側(島根県まで?)から知られているようです。区別がむずかしいのは、ホクリクネコノメの変種でやはり褐色の萼片を持つボタンネコノメソウで、分布も重なるため注意が必要ですが、ボタンネコノメソウと異なり、雄しべが萼片より長くのびて飛びだすのが特徴とされます。
■撮影地別
 ○島根県川本町


クローズアップ

■群落
2008.3.22 島根県川本町
        2008.3.22 島根県川本町   
Before Plant   Next Plant