Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サダソウ

サダソウ (佐多草)
Peperomia japonica
 コショウ科というと、ヨーロッパの人々がきそって求めたインド原産の香辛料の印象が強く、日本の植物とは思えませんが、サダソウなど数種が分布することが知られています。四国以西に分布する高さ10〜30cmの多年草で、海岸近くの岩場がすみかです。光沢のある葉は多肉質で、裏には白毛が密生します。上向きにいくつも長くのびるのが花序で、写真は咲きはじめですが、ごく小さな花が無数につきます。名前は鹿児島県の佐多岬で発見されたことによるものの、なぜか「サタソウ」ではありません。
■撮影地別
 ○沖縄県東村
 ○沖縄県

■クローズアップ

群落
2005.3.17 沖縄県東村
2007.3.17 沖縄県   
Before Plant   Next Plant