Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > レンリソウ

レンリソウ (連理草)
Lathyrus quinquenervius
 レンリソウは本州と九州に分布し、湿りけのある草地に生えます。河川敷などで小葉の先端にある巻きひげでまわりの植物につかまりながら生長し、高さ30〜80cmになります。花のサイズは2cmほどですが、濃い紫色のせいか、うっそうとした草むらでよくめだちます。男女の深い契りを「連理の契り」といい、レンリソウの小葉が2つずつ連なるさまからついた名前といいますが、マメ科の葉はどれもそうで、むしろ左右にならぶようにつく花を仲のよい男女に見立てたというのはどうでしょう。
■撮影地別
 ○東京都府中市


クローズアップ

群落
2015.5.18 東京都府中市
           2015.5.18 東京都府中市 2015.5.18 東京都府中市
Before Plant   Next Plant