Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オオミゾソバ

オオミゾソバ (大溝蕎麦)
Polygonum thunbergii var. stoloniferum
 ミゾソバはタデ属でもポピュラーですが、その近縁種にあまり知られていないオオミゾソバやヤマミゾソバがあります。10月の高尾山ではこれらも見つかるかと期待しながら歩くと、うれしいことに谷ぞいのコースで両種とも現れました。オオミゾソバは葉の真ん中あたりのくびれが大きく、基部の左右の張り出しが大きい印象があるほか、葉柄の翼が大きいのが特徴です。また、ミゾソバは葉のつけねからも花序を出しますが、オオミゾソバは茎の上部だけに花をつけ、また花柄に腺毛を多くつけます。
■撮影地別
 ○東京都高尾山


クローズアップ


■群落
2014.10.18 東京都高尾山
          2014.10.18 東京都高尾山 2014.10.18 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant