Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オオカサモチ

オオカサモチ (大傘持)
Pleurospermum camtschaticum
 高山に生えるセリ科の植物の中で、もっとも大型になるものにオオカサモチがあります。本州の中部以北から北海道にかけて高山の草原などに生え、直径約30cmほどのひときわ大きく白い花序は遠くからでもめだちます。この花序を傘を持っているようすにたとえてこの名前があります。尾瀬の至仏山にあるオヤマ沢田代の近くでみかけたオオカサモチは人の背丈ほどの高さがありましたが、南アルプスの北岳のように3千m近くまで上がったオオカサモチは、厳しい生育環境のせいかその半分ほどでした。

■撮影地別

 ○群馬県至仏山
 ○群馬県谷川岳

クローズアップ

■群落
1995.8.5 群馬県至仏山
           2015.7.12 群馬県谷川岳
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「オオカサモチ」