Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オオベニタデ

オオベニタデ (大紅蓼)
Polygonum orientale
 オオベニタデはインドから中国にかけて原産する植物で、濃紅色の花穂がよくめだつため観賞用に植えられるほか、逸出して荒れ地や河川敷で見かけることもあります。日本で見られるタデ属の植物ではもっとも大型で高さ2mにもなります。花穂は長さ10cmほどになり、下向きにたれ下がります。似たものの多いタデ属ですが、オオベニタデばかりは見誤ることはありません。金沢市郊外の空き地に群生していたオオベニタデは、すみきった青空の下、満開となった花穂を風にゆらせていました。
■撮影地別
 ○石川県金沢市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2001.9.23 石川県金沢市