Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ナガミノツルケマン

ナガミノツルケマン (長実の蔓華鬘)
Corydalis raddeana
 ナガミノツルケマンは、夏〜秋に咲くキケマンではポピュラーな種類で、北海道〜九州に広く分布し、山地の林縁などに生え、長野県では林道わきで目にする機会が多いように感じます。近縁のツルケマンとは、レモンイエローの花をつけるツルケマンに対し、ナガミノツルケマンの花は色が濃くて山吹色であることや、外からはわかりませんが、果実の中にならぶ種子が1列であることで区別できます。また、ナガミノツルケマンのほうが花序が長く、しっかりと立ち上がって花をつけます。
■撮影地別
 ○長野県箕輪町


クローズアップ

群落
2013.10.6 長野県箕輪町
        2013.10.6 長野県箕輪町
Before Plant   Next Plant     2013.10.6 長野県箕輪町