Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ムカゴニンジン

ムカゴニンジン (零余子人参)
Sium sisarum
 この日の成東は海から吹き寄せる風が強く、植物はいつも風にゆれてしまって、撮影はなかなか大変でした。ムカゴニンジンは細い茎の先に花序をつけているだけに、とりわけ困難をきわめ、結局、花だけにピントがあったものしか撮れませんでした。そんなわけで写真ではわかりませんが、葉のつけねにむかごがつくことからこの名前があります。葉は細かく切れこむのではなく、楕円形〜線形の小葉が3つずつセットになってつきます。高さは30cm〜1mほど、北海道から九州までの湿地に生えます。
■撮影地別
 ○岐阜県中津川市
 ○千葉県山武市

クローズアップ

■群落
2009.9.21 岐阜県中津川市
        2008.8.9 千葉県山武市   
Before Plant   Next Plant