Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > モミジカラマツ

モミジカラマツ (紅葉唐松)
Traulvetteria caroliniensis var. japonica
 亜高山帯や高山帯の雪崩が起きやすく低木林が発達しないところは、夏にさまざまな高山植物が咲きみだれる草原となります。このようなところでは、遅くまで雪が残る沢すじに湿った場所を好む植物が見られます。モミジカラマツもそういった植物の一つで、その花は花弁がなく白い花糸がたくさんついていてカラマツソウと似ていますが、葉はカラマツソウのような小さな葉がたくさんついた複葉ではなく、切れこみの入った大型の葉であることから、カラマツソウとは別属に分類されています。
■撮影地別
 ○長野県木曽駒ヶ岳
 ○秋田県秋田駒ヶ岳

クローズアップ

■群落
1999.8.8 長野県木曽駒ヶ岳
        2005.8.16 秋田県秋田駒ヶ岳   
Before Plant   Next Plant